ひつじの毛刈り(丸山キャンパス キンダー・K4・タドラー)

5月31日(金)、青空の下、プレイグランドにて、羊の毛刈りを行いました。
この時期に毛を刈ることで、ひつじは暑い夏を涼しく快適に過ごせるそうです。

f:id:meysen:20150907151405j:plain

f:id:meysen:20150907151413j:plain


もこもこのひつじを目の前に、目がキラキラの子ども達☆

小屋から出てきたひつじは首輪をつけていて、
いつもと違う雰囲気に少しそわそわしたように見えました。

子ども達はというと…「あ、見て!今走ったよ!」「うんちしちゃったね!!」と
ひつじの動きひとつひとつに目を向けたり、鳴き声をまねっこしてみたり…

これから始まる毛刈りへの期待感が高まっている様子!!

f:id:meysen:20150907151408j:plain

f:id:meysen:20150907151415j:plain


そんな子ども達に、牧場から来てくださったこじまさんは、
ひつじの毛について、いろいろなことを教えてくださいました。

ひつじはずっと大昔から家畜として飼われ、そのお肉を食べてきたということ、
1頭のひつじからは、だいたい3~3.5㎏の毛がとれ、それをきれいに洗って毛糸を作るということ、
ひつじの毛からはラノリンという油がとれて、それらが口紅や化粧品などに使われていることなど、
子ども達は真剣にお話を聞いていました。

また、タドラーの先生が、実際に毛糸を使ってできた帽子やセーターを着て見せると、
「ぼくも持ってる~!」「マフラーもだよね!!」と、
友達とお互いに気づいたことを伝え合う姿が見られました。

f:id:meysen:20150907151417j:plain


そして、いざ、毛刈りのスタートです!!

f:id:meysen:20150907151414j:plain

f:id:meysen:20150907151406j:plain

足をつかまれ、ぐるんとひっくり返ったひつじは、ちょっぴりドキドキの表情。

バリカンの音が鳴り響くと、子ども達の視線が一斉にひつじに注がれます!
おなか、くび、せなか…毛皮のコートを脱ぐかのようにみるみる刈られていきます。

この体勢だとひつじは体に力が入らないそうで、最後までおとなしく、とってもおりこうでした。
途中おなかの部分は、キンダー・K4さんの数人の子ども達が、
先生と一緒に毛刈りにチャレンジしてくれました!!

f:id:meysen:20150907151407j:plain


刈り終わった毛を広げてみると…もこもこの毛布のようでした。

毛刈り前と後を比べてみるとこんな感じ。

f:id:meysen:20150907151404j:plain

f:id:meysen:20150907151409j:plain


もこもこの毛を脱いだひつじはとってもすっきり、涼しそうに見えました。
クラスごと、ひつじの毛を実際にさわる場面では、
「なんかベタベタする!」「ちょっぴりくさいよ!」「あったかいよ!わたあめみたい♪」など、
においをかいだり、感触を楽しむ姿が見られました。

f:id:meysen:20150907151410j:plain

f:id:meysen:20150907151412j:plain

f:id:meysen:20150907151416j:plain


最後にひつじをなでなで…近くで見るひつじにちょっぴりドキドキしながらも、
優しくなでてくれた子ども達。「あごのところをなでられるのがすきなんだよ」と
お世話のお兄さんが教えてくれると笑顔でなで、喜ぶ姿が見られました。

f:id:meysen:20150907151411j:plain

f:id:meysen:20150907151418j:plain

今後も、園内にいる動物・植物などにたくさん関わる中で、親しみの気持ちを育んだり
さらなる興味・関心につなげていけたらと思います。