「ずんだ作り」 丸山キャンパス プリミアK4・K5 2013年9月

今日は日本語保育の時間に 仙台の郷土菓子「ずんだ」作りに挑戦します。
すり鉢、すりこ木の準備OK!お砂糖に塩少々。そして枝豆。
さぁ、美味しい「ずんだ」作りのスタートです。

f:id:meysen:20150907151243j:plain


最初は、すり鉢の中で枝豆が弾いて悪戦苦闘。

f:id:meysen:20150907151244j:plain

f:id:meysen:20150907151246j:plain


交代しながら枝豆をつぶしていきます。
「いいにおい。」「おいしそう。」「早く食べた~い。」
でき上がりを楽しみに手に力をこめます。

f:id:meysen:20150907151249j:plain

f:id:meysen:20150907151245j:plain


だんだん潰れてきました。そろそろいいかな?
お砂糖シロップとお塩少々を入れて…

f:id:meysen:20150907151248j:plain


完成!

お団子に絡めて、みんなで「いただきます」

f:id:meysen:20150907151247j:plain

f:id:meysen:20150907151250j:plain

「おいし~い」
「お野菜だから体にいいんだよ。」
「今度、お母さんと一緒に作ろう。」など、会話が弾みます。

♪ずんだ ずんだ ず・ん・だ♪
美味しさのあまり、リズミカルな『ずんだの歌』までできたり、
美味しい楽しい一日を過ごしました。