英語教育セミナー開催

11月27日(金)、幼稚園とフレンドクラブの保護者を対象に英語教育セミナーが開催されました。
当初定員80名という案内をさせていただきましたが、希望者が180名を超えてしまいました。
保護者の皆様の英語教育に対する関心の高さを改めて思わされました。

f:id:meysen:20150914155054j:plain


講師に第二言語習得を専門に研究しておられるピッツバーグ大学教授の白井恭弘氏をお迎えし、
「外国語学習の科学」と題して、子どもが外国語を習得する際に何が重要なのかという観点から講演をしていただきました。

f:id:meysen:20150914155053j:plain


白井教授は、コミュニケーション能力を主眼とした英語学習のためには、幼児期に始めること、
12歳頃、できれば15歳頃まで継続させること、楽しい雰囲気の中で子どもを励ますこと、
大量のインプットと少量のアウトプットが有効であること、日本語訳をさせたりしないことなどを
強調され、今までの明泉での取り組みや、明泉スタンダード英語カリキュラムの理念が
学問的見地からも正しいことを感じさせられました。

f:id:meysen:20150914155055j:plain