昔ながらのもちつき☆ ~明泉丸山幼稚園~2020.12.11

朝晩の空気も冷たく、吐く息も白くなってきました。
お遊戯会、親子クリスマスパーティーも終わりましたが、子供達はまだまだ余韻を楽しんでいます♪

今日は、楽しみにしていた「もちつき」です。朝から園庭で、英語の先生達が竈(かまど)に火をつけ、もち米を蒸かしてくれています。

「なんか白い煙が上がってる!」
「もうもちつきの準備してるの!?」

脇を通っていく子供達は、待ちきれない様子でした♪

f:id:meysen:20201211155453j:plain

英語の先生達にとって、もち米の蒸かし方はお手の物♪
子供達は蒸かしあがったもち米や竈を見せてもらったり、手を伸ばして火の温かさを感じたりしていました。硬さもしっかりチェックして、臼に入れ、おもちつきスタートです。

f:id:meysen:20201211155456j:plain

f:id:meysen:20201211155458j:plain

f:id:meysen:20201211155517j:plain

f:id:meysen:20201211155501j:plain

初めは、杵を使ってもち米をつぶしていきます。つぶすたびに臼と杵がぶつかり合って、「コン、コン」といい音が園庭に響き渡っていました。

途中、「先生、お米のにおいがする!」と、臼の中の蒸かしあがったもち米の匂いに気がつくお友達も!!周りにいたお友達もクンクン・・・

「ほんとだ!いい匂い♬」

f:id:meysen:20201211155522j:plain

f:id:meysen:20201211155525j:plain

もち米が少しまとまってきたら、杵でぺったんぺったんついていきます。まずは、英語の先生や運転の先生。重い杵を思い切り振り上げ、2人で息を合わせていきます。

辻先生も子供達のためについてくれました!最後はお友達にも小さな杵を使って手伝ってもらいました。先生と一緒についている子もいれば、一人で力強くつく子もいたり♬

f:id:meysen:20201211155528j:plain

f:id:meysen:20201211155512j:plain

f:id:meysen:20201211155515j:plain

f:id:meysen:20201211155533j:plain

おもちをついている間、周りにいるお友達は「よいしょ!よいしょ!」のかけ声や「もちつき」の歌で応援です。

f:id:meysen:20201211155505j:plain

f:id:meysen:20201211155508j:plain

おもちがつき上がってくると、粒々だったもち米が、びよ~んと伸びるおもちに変身!

f:id:meysen:20201211155531j:plain

f:id:meysen:20201211155537j:plain

竈や臼、杵・・・今ではなかなか目にすることができない、日本ならではの道具。蒸かしあがったもち米のにおいに気がついたり、もち米からおもちに変わっていく様子を見たり、子供達にとっては新しい発見が多かった一日になったのではないかと思います。

お家に帰ったら、いろいろお話を聞いてみてくださいね!